【発達障害】障害者職業センターに行ってきた!理解は得られる?

発達障害

こんにちは。

発達障害の診断が出て、すぐに「障害者職業センター」に行ってきました。

「障害者職業センター」では職業カウンセラーさんに仕事の相談に乗ってもらえたり、コミュニケーションのトレーニングを行うことの他に下記の支援を受けることができます。

障害者職業センターって何ができる?

  • 職業相談・職業評価
  • 職業準備支援
  • ジョブコーチによる支援事業
  • リワーク支援
  • 雇用管理に関する相談・助言等

私が興味を持ったのは職業評価です。

短期離職を繰り返しているので、次に勤める際には長く続けたいと考えています。そのための適職を知ることができれば良いなと考え問い合わせをしました。

初めての予約

初めて電話をした時には下記のことを聞かれました。

  • 診断名
  • 就労の有無
  • 相談を申し込んだ理由
  • 都合の良い日時

その後別日に折り返しのご連絡があり、初めて連絡をとってから1週間後に伺いました。

障害者職業センターは就労に関するところということで、ハローワークと同じ団体だと思われることが多いようですが、全く別の施設だそうです。

しかし、連携は密に取られていて職業評価の結果を共有して、仕事の紹介をしてもらうことも可能です。

対応は?

今回は相談だけだったのですが、対応していただいた方はとても話しやすく、丁寧な方でした。

個室の静かな部屋に通してもらい、メモを取るときには持ってもらったり、配慮をしていただいている感じはありました。

ただ、「誰にでも特性はありますから」と最後に言われここでも言われるのかと落胆しました。

私は比較的軽い方ですが、困っているから相談に行っている訳で。

もう少し言葉を選んで欲しかったです。

相手は定型発達の方なので、専門の機関だからと言って、あまり期待はしない方が良いかと思いました。

まとめ

不快な思いもしましたが、就職活動の進め方の相談に乗ってもらい伺ってよかったと思います。

障害者雇用で就職を考えている人、どこに相談したらいいかわからない人は一度足を運んでみてほしいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました