家族が発達障害(自閉症/ASD)かも。「誰でも苦手なことはあるよ」だけは言わないで欲しい理由。

発達障害

元気になって欲しい、慰めたいという時に言いがちな「誰でも苦手なことはあるよ」という言葉。もちろんこちらの為に言ってくれていることはわかるのですが、素直に受け止められない時がありました。身近に発達障害かもという人がいた時、相談された時、こういう考えもあるんだと知ってもらいたいです。

受け止められなかった理由をまとめました。

分かってもらえないと感じてしまいがち

ある程度成長してから発達障害がわかる人は、常に他の人と何か違うと感じながら生きてきています。その過程で生きづらいと感じながらも適応する為に様々な努力をしてきている人が少なくありません。相談をしても分かってもらえない、この人は分かろうともしてくれないのか、と落胆してしまう可能性があります。

同情ではなく解決策が知りたい

自閉症は言語化が苦手な人が多くいます。その為、勇気を振り絞って相談をした時には本当に困り果てている場合があります。そんな時には慰めて欲しいのではなくて、解決策を一緒に考えて欲しいのです。「誰でも苦手なことはあるよ」というのは発する方は良かれと思っても、話が進まない事にイライラしてしまいます。「そういう事を言って欲しいのではない」と言える環境であったり、言える能力があれば良いのですが、そう言ったコミュニケーションが取れない人も多いです。自閉症の特徴として、論理的に考えることが得意という性質があります。この特性を踏まえて、対応していただくのが一番有り難いです。

成功体験が少なく、劣等感を感じやすい

「他の人は理解できているのに、私だけができていない。場を白けさせてしまった。」こんな場面が数えられないほどあり、自己肯定感が低くくなりがちです。誰にでもあるのに、私は対応できないのかとさらに落ち込んでしまう危険性があります。過剰適応を起こし、精神的に疲弊してしまう可能性があります。

まとめ

こんな考え方もあると参考にしていただければと嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました