【面接対策】正しい短所の伝え方について解説します

就職・転職
スポンサーリンク

就職活動をしていると必ずと言って良いほど聞かれる長所と短所。

 

あなたは正しく魅力を伝えることはできていますか?

 

今回はマイナスのイメージがある短所ですが

言い方を工夫するとプラスのイメージに変えることができるのです。

 

もし一人だと正しく伝えられるか不安という方は

利害関係がなく、人事を経験している経験豊富なトレーナーに

まずは相談してみてください。

↓全員人事経験者もしくは面接官経験者のトレーナーに相談する

あなたの就職活動に専属トレーナーを【パーソナル・クライム】

 

スポンサーリンク

短所を聞かれる目的

自分のことをきちんと理解できているか

自分自身のことをしっかりと理解をした上で、応募しているのかをみられています。

ここで答えることができないと、客観的に物事を見ることができない人だと思われ

自分の考えで行動ができない人だと判断されてしまいます。

 

面接はその人のことを知って、仲間となる人を選ぶ場です。

ただ指示したことをしてくれる人を求めているのではない点に注意が必要です。

 

会社で活躍できるかどうか

その人がどんなに優秀でも面接で不合格になる場合があります。

それは会社の人、雰囲気と合いそうにないと思われた時です。

 

例えば、「目移りしやすいところがある」という短所があったとします。

ベンチャー企業のような新しいことにチャレンジしていくことが求められる会社ならば、有利に働くかもしれません。

しかし、サポート業務がメインの会社なら社内では活躍できないと判断されてしまう場合があります。

 

このように短所一つで面接官はありとあらゆる場面を想定しているのです。

 

伝え方

言い換えた時に長所とも捉えられるような短所を伝える

短所を伝える時に、他に言い換えができないものを伝えることはやめましょう。

例えば、「やりたくないことはしない」「嘘をついてしまう」という短所はどのように言い換えてもマイナスな印象にしか写りません。

逆に「八方美人になってしまう」「こだわりすぎて時間がかかる」といった短所は

「人の気持ちを汲み取れる」「細かな作業が得意」といった長所にもなります。

自分のこのような長所があるから、短所もあるといった言い方をすると信用してもらいやすくなります。

 

克服しようと努力しているエピソードも伝える

ただ「頑固」という短所だけを伝えるのではなく、

「頑固だから意識して人の意見を取り入れるようにしている」などと克服するために意識していることを伝えましょう。

自分の課題に対して、向き合い改善していける人だと感じてもらいやすくなります。

 

まとめ

短所がない完璧な人間なんていません。

 

会社に受かることも大切ですが、長く働く会社なので自分にあった企業を見つけることも重要です。

自分らしい短所を上手に言い換えて、あなたの魅力が一番伝わるよう工夫して見てください。

 

短所の伝え方が大切なことはわかったけれど、一人では不安だ…

 

という方は、転職エージェントではなく利害関係のない専門家に

ご相談されることをお勧めします。

 

転職エージェントにとりあえず登録するというHPをたくさん見かけますが

公平な目線で意見を聞きたいと思っている人には

本当に転職エージェントはお勧めできません。

 

最も相談相手に良いのは

 

業界のことに詳しくて

かつ

企業にお金をもらっていない人です。

 

相談するとなるとお金は掛かります。

しかし転職を失敗しないことを思えばかなりお得だと思いませんか?

 

→全員人事経験者もしくは面接官経験者のトレーナーに相談する

あなたの就職活動に専属トレーナーを【パーソナル・クライム】

 

HPに繋がりますので、まずは相談して見てください。

就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
Right Desicion

コメント

タイトルとURLをコピーしました